夢ふくらまそう!  愛媛県議会議員 ふくら浩一の活動報告  ~大福日記~

大福日記No.325 18歳選挙権 その1
新年明けましておめでとうございます。

昨年お世話になりましたことを心から感謝いたしますとともに、

本年も精一杯活動していきたいと思いますので、変わらぬ

ご指導ご鞭撻を宜しくお願い申しあげます。


さて、随分久しぶりの投稿です。

活動報告がFacebookにほとんど移行しておりますが、たまには…

ということで、少し自分の考えをお伝えしてみようと思います。


昨年、11月に聖カタリナ女子高の看護科の皆さん、約60数名と

意見交換をする機会に恵まれました。

テーマは「18歳選挙権について」と「若者の政治離れについて」の

2点であり、女子生徒代表者4人とパネルディスカッションをするという

画期的なものであります。


c0154895_9184551.png













私は「コーディネーター」の大役を仰せつかり、果たして議論になるのか?と

不安を抱えながらのスタートとなりました。

しかしながら…

私の不安はすぐに打ち消されました。

最初こそ、ぎこちなかったものの、しっかり、そしてハッキリと意見を述べる

生徒代表の4人のパネラー達。

彼女たちが持参してきたノートに目をやると、びっしりと勉強してきた内容が

書かれてありました。

これから政治に向き合う意味合いがどういうことなのか、必死に探っている

彼女たちの懸命な姿勢に、私は心を打たれました。

看護科の生徒たちは、医療や介護等の現場に出て、いち早く社会人となり、

その現場ではおそらく、現況を変えていくべき、と考える場面に

遭遇するのではないでしょうか。


そこで必要になるのが政治であり、政治家であります。

c0154895_922356.png













「私ひとりが声をあげても何も変わらないし…」

そんな考えの生徒もいました。

しかし、声をあげなければもっと変わりません。

これからの未来を背負う世代が、政治に参加しなければ、

自分たちが住みよい世の中にはならないと思います。

時折、冗談も交えながらではありますが、そんな議論が熱く交わされ、

非常に有意義なパネルディスカッションとなりました。


今後の主権者教育の重要性を痛切に感じましたとともに、改めて、

日本の若者は磨けば必ず光る、と大きな期待を持ちました。


聖カタリナ女子高看護科生徒の皆さん、および、芳野校長をはじめ、引率の

先生方に心から感謝を申し上げます。


つづく…



# by fukura51 | 2016-01-06 08:27 | 政務調査
大福日記No.324  国力の源は教育
先月、愛媛県神社庁報から原稿執筆を依頼されました。
テーマは自由ということでしたので、持論を書かせていただきました。
今月号に掲載されておりますので良かったらご覧ください。
以下、文面を載せておきます。



「国力の源は教育」 道徳教科化について


国力の源は教育であります。

日本が戦後、飛躍的発展を遂げたのも、東日本大震災の時に海外から
国民の規範意識の高さを評価されたのも、高い水準の教育がなされ、
また、それが社会に浸透していたことによるものではないでしょうか。

しかし一方、近年では、若者の学力や規範意識が低下傾向にあることに
加え、家庭内暴力やいじめ・体罰の悪質化等の問題が日常的に指摘されて
おります。
耳を塞ぎたくなるような痛ましい事件報道がある度に、他者への思いやりや
規範意識等を育む道徳教育の必要性を強く感じるところであります。

そんな中、第二次安倍政権に おきましては、教育再生政策にむけた
提言を行う「教育再生実行会議」が昨年1月に設置され、有識者メンバーの
中には加戸守行前愛媛県知事も加わり、教育再生の実行を強力に
進められております。

この「教育再生実行会議」の中では、加戸守行前愛媛県知事を含む
有識者から、「道徳の教科化」を求める声が大勢であったと聞いております。
提言には、道徳に関して「重要性をあらためて認識し、抜本的な充実を図る」
と強調されており、命の尊さを知り、他者への思いやりを育むよう教材を
充実させ、新たな枠組みで教科化するという方針であると伺っております。

充実すべき内容としては、以下の項目が例示されています。

①いじめの防止や生命の尊重
②困難に屈しない心、自律心
③家族や集団の一員としての自覚
④多様な人々が共に生きていく上で必要な相互尊重のルールやマナー、
法の意義を理解して守ること
⑤社会を構成する一員としての主体的生き方
⑥グローバル社会の中での我が国の伝統文化とアイデンティティに関する
内容や国際社会とのかかわり

これまで道徳教育については、全国的には、学校や教員により指導する
内容や方法等に差が見られるなどの批判がありましたが、教科化が
実現すれば、教材の抜本的な充実や効果的な指導方法等の開発、
全学校での授業時間数の確保、教員の道徳教育に対する意識向上などが
図られるほか、学校と家庭・地域が連携した道徳教育が一層推進される
ものと期待している所であります。

「学とは人たる所以を学ぶなり」。
これは吉田松陰の言葉であります。

道徳教育は、知識や技能の習得を目標としているのではなく、それらを
踏まえながら、「人間として」より良く生きる力を育むことを目標としている
のであり、さらにいえば、よりよく生きるための内的基準を確立し、様々な
生活や学習を通して内的基準を磨きながら、「人間として」の成長を図って
いくものであります。

各教科等の最終目標は、何でしょうか。

それは、単なる知識理解や技能の習得ではなく、各教科等固有の知識や
技能の学習を通して、「人間として」の成長を図り、幸せな生き方や住みよい
社会を創っていくため、すなわち、「人間として」良い方向に使う力を身に
つけるということだと思います。

そのように捉えると、道徳の学習は、すべての教育活動で行われるべきで
あり、言い換えれば、すべての教育活動は、道徳学習とかかわってこそ、
その本来の目的が達成されると言えます。

知識理解や技能の習得だけに目が行きがちではありますが、それらに
道徳が備わってこそ、真の教育と言えるのでありましょう。

とりわけ重要なのは、初等・中等教育であります。

「三つ心、六つ躾、九つ言葉、文(ふみ)十二、理(ことわり)十五で末決まる」
という言葉があるように、初等教育でしっかりとした日本人としての人間形成
を図り、中等教育にかけて世界トップレベルの規範意識を身につけること
が、痛ましい事件を減少させていく根本的な対策であり、将来的に日本の
国力を高める原動力になるのではないかと考えます。

成績評価や指導方法、教員が所有すべき免許等、検討すべき課題点は
多々あるとは思いますが、豊かな情操や道徳心をはぐくみ、歴史と伝統を
尊重し、わが国とわが故郷を愛する態度を育てるために最も有効であると
思われる「道徳の教科化」について、学校現場や家庭の声も十分に
踏まえながら、より良い実現に向けて微力ながら活動していきたいと
考えております。



第563号 愛媛県神社庁報 掲載
# by fukura51 | 2014-07-07 23:13 | 政治活動
大福日記No.323  影の質問
2月定例県議会では、9回目の一般質問をさせていただきました。
内容は後日、私のホームページにて発表しますので、是非
ご覧になっていただければと思います。

実は、私たち県議が一般質問した際、冒頭と末尾に、質問とはあまり
関係ないけど、言っておきたいと思う事柄を発言することがあります。

議会の会議録には記載されますが、一般的には公表されません。
今回は、私が質問の最後部で述べさせていただいた事をそのまま
紹介します。


 ----質問最後部----


最後に一言申し上げます。
ソチ冬季オリンピックが先日閉幕しました。

日本はメダル8個を獲得、日本選手が懸命に競技をする姿に、
多くの日本国民が夢を抱き、勇気をいただいたことと思われます。

その中でも、私は、同世代である、スキージャンプの葛西紀明選手の
個人銀メダル及び団体銅メダル獲得には、心から感動し、
涙をこらえることができませんでした。

彼は10代の頃から「カミカゼ・カサイ」の異名をとりながら、日本代表に
選ばれるほどの実力の持ち主でしたが、現在までの人生は、まるで
順調とは言えない不幸の連続でした。

幼少のころの貧乏、両親の離婚、妹が再生不良性貧血という難病、
猛練習のため度重なる怪我の連続、そして母親が放火に巻き込まれて
亡くなる、という壮絶な人生であったようであります。

それでも彼が諦めることなく競技を続けてきた原動力は、姉の献身的な
支えであり、94年のリレハンメル五輪で、団体銀メダルに終わった後、
病気をおして千歳空港まで迎えに来た妹さんの「ありがとう。次は金だよ」
という言葉であり、また、亡くなった母親が入院中に書いた日記で
ありました。

そこにはこう書かれてありました。

「いまこの時を頑張れ。絶対におまえは世界一になれる。
お前がどん底から這い上がってくるのを楽しみに待っているよ。」

葛西選手は、今回のソチオリンピックの銀メダルが確定した時の
インタビューで、即座に現役続行と金メダル獲得を宣言しました。

壮絶な苦難の中での家族との約束が、彼を奮い立たせているのだと
思います。

その長年の競技実績と人気から、各競技会場では、葛西選手が登場すると
観客から大きな拍手が起こると言います。

40歳を越えて第一線で競技を続ける姿は、海外の選手からも尊敬を集める
存在であり、「レジェンド」と呼ばれる所以であろうかと考えます。

4年後の平昌(ピョンチャン)オリンピックの時には、今の私と同じ45歳。
心から活躍を期待したいと思います。

凄まじい苦難を抱えながらも、夢を諦めず努力し続ける姿。
そして、その苦しさを、まわりに感じさせない彼が見せる屈託のない笑顔は、
世界に誇れる日本人の精神性の素晴らしさを感じさせます。

彼に学び、尊き日本の心が若人たちに伝わり、真の日本再生への原動力と
なることを心から期待し、また、共に尽力していくことをお誓い申しあげて、
私の質問を終わらせていただきます。

ご清聴、誠にありがとうございました。



各議員とも、様々な所感を述べられております。

質問より、こんな所感がマスコミに取り上げられることもあります。
私も興味を持って聞いており、結構勉強にもなります。

質問以外にも注目してみると面白いかもしれません。



# by fukura51 | 2014-04-02 12:34 | 県政報告
大福日記No.322 建国記念日に想う
今日2月11日は建国記念日ですね。

今日は 初代神武天皇が即位された日であり、その日から現在まで
なんと「紀元節2,674年」とされております。

万世一系の天皇の元でこれだけ古い歴史を持った国は類がなく、
この歴史と伝統をしっかり継承していきたいと改めて今日感じました。

日本人の精神性の素晴らしさは現在においてもあちこちで良く
取り上げられますが、一方、近年では、本当に同じ日本人だろうか?と
疑うほどの奇異な行動を取る方々がいたり、理解し難い思想を持つ方々を
見かけたり、猟奇的かつ不可解な事件などが多発したりしております。

第二次大戦後、敗戦によって失われたもので最も重要なものは、
「日本人としての誇り」そして「日本のこころ」ではなかったでしょうか。

これらを教える事は「戦争につながる」として教育現場においては
目をそむけられてきたように思います。


最も国にとって重要なものなのに…


日本人の精神性が骨抜きにされるという事は、ある意味、
原子爆弾以上の被害であるようにも思います。

不可解な事件が多発し、世の中の歪みを多々感じる裏側には、
これらの事が関係しているように感じます。


もちろん戦争の過ちは二度と犯してはなりません。


しかし、取り違えた平和主義によって、国にとって重要な「誇り」まで
失ってはならないと考えます。

建国の日にあたって、日本及び日本人とは何かを再考し、真の意味での
「誇りある日本」を取り戻したいという意識が高まっていく事を心から期待し、
その為に全力で運動していきたいと思います。

# by fukura51 | 2014-02-11 14:17 | 政治活動
大福日記No.321 日韓合唱交流事業in愛媛 その3
日韓合唱交流の続きです。


8月9日(3日目)は今治市への表敬訪問をさせていただきました。

c0154895_1044628.png
今治市長をはじめ、今治市の職員の皆様が大勢迎えてくれ、

大歓迎を受けました。心から感謝申しあげたいと思います。

プレゼント交換では、今治が誇る「今治タオル」が手渡されました。

少なくとも仁川市での「今治タオル」の知名度は急上昇したのでは?

えっ? それ以前から有名だ?(某タオル会社社長 談)

ははっ…失礼しました…。


報告しておきます。

ハヌルクムジュニアコーラル引率代表のチョン・ミョンレ先生から

ご挨拶をいただきましたが、その挨拶に心から感動を覚えました。

c0154895_1056226.png

「私たちとここまで誠実に交流をしてくれる今治少年少女合唱団に

心から感謝しています。私たちと今治少年少女合唱団との間に生まれた

絆は強固なものであり、どのようなことがあろうとも如何なるものでさえも

両者の友情を邪魔することはできないでしょう。」




感無量でした。 涙が出ました。

本当の交流ができている実感があります。


領土問題、歴史的・経済的にも摩擦が起きている日本と韓国。

すぐには解決が図れず、ともすれば「近くて遠い国」と言われる状態…

私たちの世代も当然、努力しておりますが、このような交流によって

お互いの理解が少しでも深まり、将来的に、何とかこの子供たちの世代が

解決に導いてくれることを期待したい…

微力ですが、精一杯の活動をしていきたいと思います。



ここでも合同合唱をさせていただきました。



今治市表敬訪問 動画


強行日程にも関わらず、ここまでの合唱が披露できるようになりました。

本当に実力が上がってます。

大きな拍手とともに、今治市表敬を終え、この後は今治の観光をします。


続く…

# by fukura51 | 2012-08-20 21:02 | 日韓合唱交流事業
大福日記No.320 日韓合唱交流事業in愛媛 その2
知事表敬訪問の後、エミフル松前に移動しました。
c0154895_12212815.png
今回の交流において、旅行会社をフジトラベル様にお願いしたのですが、

ご厚意により、グリーンコートというイベントスペースを貸していただきました。

ここでコンサートを行い、かつ買い物もする、という企画が実現。

フジトラベル様には心から感謝いたします。

c0154895_12223182.png
お互いの合唱を披露。

ハヌルクムジュニアコーラルの実力がかなり上がっていたのにビックリ。

指導者に聞くと、「かなり猛特訓してきました」との事でした。

気合入ってます。

お客さんも、最初は、「何だ?」って感じでしたが、子供たちの歌声に

段々と引き込まれるように、一人、また一人と席に座っていただいて、

満席の観客となり、人だかりができるようになりました。


そして最後に合同での合唱。

お互いに相手の言語を覚え、練習してきました。

c0154895_16321935.png
4月の交流の時にも感じましたが、ハヌルクムジュニアコーラルは高音域が

非常に良く出ます。ただ、低音域はどちらかというとあまり出ません。

逆に、今治少年少女合唱団は、低音域はよく出ているのですが、高音域が

ハヌルクムよりは出ていないように感じておりました。

それ故に、合同で合唱すると素晴らしいマッチングをし、

驚くほど良い合唱になるのであります。


動画があるので良ければご覧ください。



エミフル松前コンサート 動画


なかなかの盛り上がりでしょ?

また、こういう経験が子供たちの実力を格段にアップさせているように

思えます。

大成功のコンサート後、子供たちはキャーキャー言いながら

エミフル松前の中を見て回ってました。


続く…

# by fukura51 | 2012-08-17 23:08 | 日韓合唱交流事業
大福日記No.319 日韓合唱交流事業in愛媛 その1
本年4月に韓国仁川市の「ハヌルクムジュニアコーラル」と韓国で

合唱交流をさせていただきましが、今回はなんと…

愛媛に招いての交流が実現しました!

8月7日~10日の日程で、中身はかなりのハードスケジュールでしたが、

素晴らしい交流ができましたことをご報告します。

7日の夜、愛媛に到着し、8日の朝、中村知事への表敬訪問をしました。

c0154895_11412616.png
中村知事も大変喜んで迎えてくれました。一同感激。

合同での合唱披露は、中村知事の好きな「この街で」。

全員、一生懸命練習してきました。


中村知事表敬訪問 「この街で」 動画

合唱披露の後、中村知事からプレゼントが渡されました。
c0154895_11535986.png
愛媛真珠のストラップとの事です。非常に喜んでおりました。


表敬訪問の後、子供同士は緊張が解けたのか、仲良く握手したり、

抱き合ったりしておりました。

言葉も通じないのに… 不思議ですよね。

本当の意味での交流ができ、「絆」が結ばれている気がします。


さあ、この次は「エミフル松前」でのコンサートに移動します。


続く…

# by fukura51 | 2012-08-15 21:33 | 日韓合唱交流事業
大福日記No.318  第20回水軍レース その2
水軍レースの続きであります。


決勝に進んだ「大福会」。

優勝を信じ、士気を高め、いよいよ決勝戦を迎えました。

c0154895_8531831.png
強敵ぞろいの決勝戦がスタートしました。

動画を撮っておりますので、良かったらご覧ください。


http://www.youtube.com/watch?v=VGOjnywtjco&feature=plcp

大福会は一番右側からトップでスタートしました。

しかし、一番左側の「遊子漁協友の会」以外の船は

徐々に右側に寄って来てダンゴ状態に。

後ろから詰め寄られ、段々と右側に流され…

最後には、追突により、櫓が外れ、左側にスーッと流れました。

それでも、何とかゴールした様に見え、

おおっ!優勝か?と思いましたが、

残念ながらゴールには至っておらず、また、櫓が外れているため、

漕ぐこともままならず、不本意にも「4位」という結果に終わりました。

しかしながら、参加以来、最高位の4位を獲得したメンバーの健闘を

心から称えたいと思います。

第20回水軍レース結果(一般の部A)

1位 遊子漁協友の会
2位 カラオケ喫茶はっぴー
3位 鵜島奉行隊
4位 大福会
5位 爆発一家

c0154895_1110960.png
表彰式で胸を張って賞状を受け取ってきました。
c0154895_11114336.png
ありがたいですね~毎回心から嬉しい瞬間です。
c0154895_11131654.png
来年こそは優勝目指して頑張りましょう!

素晴らしい仲間とともに!

# by fukura51 | 2012-08-09 22:34 | 後援会活動
大福日記No.317  第20回水軍レース その1
7月28日、宮窪町にて「第20回水軍レース大会」が開催されました。
c0154895_1885051.png
上は開会式の様子です。市外県外も含め、63チーム(約800人)が

参加する、今治市が誇る一大イベントであります。

我が後援会青年部「大福会」は今年で6年連続出場、初優勝を期して

今大会に臨むこととなりました。


初出場で決勝進出を果たして以来、毎回良いタイムは出しているものの、

過去3年間、優勝チームと一回戦で当たり、0.52秒差で惜敗するなど、

数々の不運に見舞われ、これまで「無冠」の大福会。

今回こそは何としても決勝進出、決勝進出すれば優勝できる!と

決起大会まで開き、決意を固めて出場しました。

問題の一回戦のクジ運は…  何とかセーフ!

昨年、準優勝の「瀬戸内和船友の会」と当たりましたが、前年と同程度の

タイムを出せば問題ない相手です。


衆議院議員の村上誠一郎後援会のチーム、「誠 むらかみ」とも当たり、

少しやりにくいですが… まあ問題ないでしょう(笑)

そんなこんなで一回戦がスタートしました。

c0154895_18254932.png
「大福会」は、スタートから先頭に立ち、後半は少し「瀬戸内和船友の会」に

追い上げられましたが、無事にゴール!


やっと…念願の決勝進出となりました!
c0154895_18414362.png
上は、決勝にコマを進めたチームです。

どこも強敵。

しかし、必ず優勝できると信じて決勝戦を迎えることとなりました。


続く…

# by fukura51 | 2012-08-06 08:29 | 後援会活動
大福日記No.316  水軍レース 優勝を目指して!
毎日暑いですね~

皆さん、体調は大丈夫でしょうか?

ところで、今年も今治市の大島で開催される「水軍レース」の

季節がやってきました。

c0154895_13263958.jpg
知らない方のためにお教えしましょう。

「水軍レース」とは、小早船(こはやせん)に12人が乗り込み、

200mを5本の櫓(ろ)を使って5艘ずつで漕ぎ出し、

タイムと順位を競い合うものであります。

今年で第20回となる「水軍レース」は、今治市の一大イベントであり、

毎年大人気で市外、県外から多くの方々が来ていただいております。

毎年、出場しておりますが、私の後援会青年部「大福会」(だいふくかい)は

今年度も出場します。


昨年は、優勝チーム「鵜島奉行隊」(うしまぶぎょうたい)と一回戦で対戦し、

わずか0.52秒差で敗退しました。

優勝する実力は十分でありながら、なかなか成果が出ておりません…

が、今回こそ! 

c0154895_13443352.png
ユニフォームを新調し、決起大会を行いました。

私が強制したわけではないんですけどね…

みんな気合入ってます。

「D F K」とは、大福会(だいふくかい)の略です。

見かけたら応援してあげてください!

目指せ、優勝!

# by fukura51 | 2012-07-26 22:26 | 後援会活動