夢ふくらまそう!  愛媛県議会議員 ふくら浩一の活動報告  ~大福日記~

大福日記No.253  橋下徹大阪府知事 来県!
4日、何かと話題の橋下徹大阪府知事が来県されました。
松山市のアイテムえひめにおいて、「道州制と地方自治」という演題で、大勢の
入場者のもと講演されるとのことで参加してきました。

c0154895_12263124.jpg





講演の様子






地方分権の重要性を熱く語っておられた姿が印象的でした。
c0154895_122978.jpg





熱い語り口






公用車に新聞が5誌おいてあり、知事室に行っても5誌あったのを無駄だと
感じた橋本知事は、公用車から知事室まで新聞を持っていき、知事室の
新聞5誌を断ったそうです。
同じように府庁内の新聞の無駄を見直したら、なんと8,000万円もの費用が
削減できたとの事です。

講演の後は、加戸愛媛県知事との対談が行われました。

c0154895_12343936.jpg





対談の様子






聞きにくいこともズバズバと質問される橋下知事に対して、加戸知事は少し
戸惑い気味ではありましたが、丁寧かつわかりやすく返答されておりました。
やはり経験の差でありましょうか…

しかし、地方分権改革を進めていくとしたならば、橋下知事のような方が
各地で出てくる必要があるでしょう。
まさに日本の幕末の様相であります。

この国のかたちが大きく変わろうとしている時、地方から優秀なリーダーを
出していかねばなりません。
若く、熱意をもった政治家が求められているのだと思います。

私と大学の同級生である橋下知事は、確かに行政経験も少なく、
少し稚拙な部分も話の中にあったかもしれません。

それでも、彼の地方分権に対する想いや情熱、高い志は感じられました。
彼の良い部分は参考にしながら、愛媛のために改めて頑張っていく
気概が沸き起こってきました。

彼が言うように、「魂を揺さぶる」政治家が必要ですね!

by fukura51 | 2009-07-05 21:56 | 政務調査
<< 大福日記No.254  日鮮海... 大福日記No.252  6月議... >>