夢ふくらまそう!  愛媛県議会議員 ふくら浩一の活動報告  ~大福日記~

大福日記No.289  被災地視察 その1
自民党県連では、東日本大震災復興支援PT(プロジェクトチーム)が
結成されており、私はその一員として、今回6月8日から10日までの
3日間、被災地の視察に行ってまいりました。

初日は宮城県の石巻市に行き、まず石巻市役所にお伺いしました。

c0154895_922069.jpg





石巻市役所






北村副市長と石巻市議会議員の阿部和芳氏が丁寧に対応してくれました。
c0154895_9265383.jpg




石巻の現状を
真剣に聞く
メンバー達






石巻市は何と言っても水産加工の一大産地でありますが、津波によって
その水産加工が壊滅的な被害を受けたとのことであります。

一連の説明をお聞きした後、阿部市議も付き添っていただき、石巻の
水産加工団地に向かいました。

そこはこの世のものとは思えないほどの光景が広がっておりました…

c0154895_940067.jpg





車の中から






c0154895_9405545.jpg





壊滅です…






もう言葉が出ない…それほどの状況でした…

海岸まで行くと、現地の水産加工会社である、大江冷蔵㈱の大江社長が
苦悩を滲ませながら説明をしてくれました。

c0154895_9491185.jpg




私の右隣が
大江社長







水産加工商品を冷凍する倉庫群が全て破壊され、中にあった魚介類が
腐敗しております。
そのため、現地に降り立った瞬間から、すさまじい腐敗臭に襲われました。

それらを全てかき出し、廃棄していかねばなりません…

c0154895_1031377.jpg
海岸端にかき出された大量の腐った魚介類に、これも大量のカモメが
集っておりました…
言葉が出ませんでした…

魚介類の廃棄を全力でやっておりますが、海中投棄の法整備が遅いことも
あって、なかなか進まないとのことでありました。

この地に水産加工会社は約100社あり、関連業者を含めると、なんと
1万4000~5000人が携わっているそうです。
地域の最も重要な産業がこの状態…… 心配です。
全力で復興に当たらねばなりません。

明日以降に続きます。

by fukura51 | 2011-06-11 22:22 | 政務調査
<< 大福日記No.290  被災地... 大福日記No.288  今治市... >>