夢ふくらまそう!  愛媛県議会議員 ふくら浩一の活動報告  ~大福日記~

大福日記No.295  福島の野菜を売る!
被災地の視察から帰った翌日の6月11日、自民党青年部・青年局の
全国一斉活動があり、被災地である福島の風評被害を少しでも防ごうと、
福島県産の野菜を松山市で販売してまいりました。

自民党県連の青年部長である私も先頭に立ち、道行く人々に必死の
訴えかけをさせていただいたのであります。


c0154895_10444611.jpg





必死の演説






放射能とは全然関係ない地域の方が多いのにもかかわらず、全ての農産物が
放射能汚染されているかのようなイメージになっており、福島の農産物は
出荷が止められているため、農家は大きなダメージを被っております。

食べてみましたが、本当においしい野菜でありました。

どんな反応だろう?と若干心配しておりましたが、一袋500円で販売した所、
興味を持って見てくれて、約1時間ほどで何と完売いたしました。


c0154895_10522456.jpg





必死の販売






愛媛の人たちの心の温かさを感じました。
ご購入いただいた皆様方、本当にありがとうございました。

売上金5万円は、全て福島県に義援金としてお送りさせていただきました。
微力ではありますが、少しでも被災地の一助になるような活動を今後も
やっていきたいと思います。

皆様方も何かアイディアがあったら是非お教えください。
がんばろう、福島! 

by fukura51 | 2011-06-17 21:56 | 政治活動
<< 大福日記No.296  繊維産... 大福日記No.294  被災地... >>