夢ふくらまそう!  愛媛県議会議員 ふくら浩一の活動報告  ~大福日記~

大福日記No.95  愛媛県社会人スポーツ推進協議会
17日、愛媛県社会人スポーツ推進協議会が松山市で開催され、
出席させていただきました。


c0154895_1122508.jpg平成29年に予定されている「愛媛国体」に向けて、より一層の競技力の育成および強化を図るべく、260を超える企業や団体のご理解を得ながら、本会も発足から7年目を迎えたとのことです。

今年度の採用内定者には、教育現場などの指導者が多く含まれているとのことですが、アスリート達の競技力向上の影には、必ず優秀な指導者がいる、ということを考えれば、これも当然のことと言えるでしょう。


色々と問題が起こっておりますが、本年は北京オリンピックが開催されます。

本県の出身選手を見てみますと、マラソンの土佐礼子選手が文句なしに
出場確定したのに加え、ボートの武田大作選手もなんと4大会連続の出場を
勝ち取りました。また、レスリングの松本慎吾選手も2大会連続出場を決め、
本当に喜ばしい限りであります。

このほか、柔道の棟田康幸選手、ビーチバレーの佐伯美香・楠原千秋組、
槍投げの村上幸史選手が有力候補として挙がっており、代表を勝ち取ることを
心から応援しているところでございます。

この会の中で、サントリーラグビー部を数回日本一に導いた、元監督の
山本巌氏の講演がありました。
山本氏は現在、松山大学のラグビー部監督であります。

選手と指導者との信頼関係、技術だけではなく精神向上の重要性、
機を捉えて逃さぬ執念についてなど、山本氏の実体験に即したお話を
聞かせていただき、指導者・コーチの重要性を再認識いたしました。

本県出身選手のご健闘を心からお祈り申しあげますとともに、
愛媛国体に向けて微力ながら尽力していきたいと思います。

by fukura51 | 2008-04-18 20:22 | つぶやき・日記
<< 大福日記No.96  第19回... 大福日記No.94  南極観測... >>