夢ふくらまそう!  愛媛県議会議員 ふくら浩一の活動報告  ~大福日記~

<   2008年 04月 ( 20 )   > この月の画像一覧
大福日記No.104  地元の皆さんとのふれあい
27日、「近見地区住民運動会」が盛大に開催され、出席しました。

28回目を数えるこの住民運動会は、毎年思いますが、多くの方々が
参加をされ、近見地区住民の皆さんの地域を大事にする気持ちが
伝わってきます。
楽しく和やかなひと時を過ごさせていただきました。

その後、「別宮公民館祭り」が同時刻に開催されていたので、
少し遅れましたが、そちらにもお伺いさせていただきました。
c0154895_8405523.jpg
私は別宮小学校、近見中学校に通学しました。
隣接する地区ですが、30年住んでおり、どちらも地元であります。

c0154895_8523162.jpg
c0154895_8525159.jpg
「うどんをどうぞ」、と持って来てくれた人が小学校の同級生だったり、
祭りのお世話をしている人が同級生の親御さんだったりと、
かなりローカル色が強く、昔の話をされると頭が上がらなかったりします。

しかし、私は、おとなしく良いお子様?であったのでしょう。
皆さん、あたたかく迎えてくれ、アットホームな時間を過ごすことができました。

今後とも、地元の皆様、宜しくお願いいたします。

by fukura51 | 2008-04-30 07:50 | つぶやき・日記
大福日記No.103  佐藤正久参議院議員 講演会
26日、愛媛県防衛協会の主催により、佐藤正久参議院議員を
お招きしての講演会が松山市で開催され、参加させていただきました。
c0154895_8532854.jpg
佐藤正久(さとうまさひさ)?う~ん、知らんなあ…と言う人も、
2004年からの自衛隊イラク派遣で、第一次復興業務支援隊長を務め、
口ヒゲをたくわえた風貌から「ヒゲの隊長」として
注目を集めた人と言えば、わかるのではないでしょうか。

c0154895_9482734.jpg
「駆けつけ警護」の発言でかなり注目を浴びた人であります。

彼の立場からすれば、戦場の第一線に派遣されているわけで、
「自衛隊」でありますから、進んで戦闘に参加はできない、しかし、
何もしなければ当然批判を浴びる…
何よりも命の危険を感じ、怖い…でしょうね…
他にも、彼の自衛隊所属当時の話を聞き、非常に参考になりました。

戦争はあってはならないことであります。
しかし現実には世界各地で紛争が多発し、テロの脅威にもさらされています。
日本だけが例外で平和、とは言えない状況なのは確実です。

日本と日本国民の安全を確保し、守る…
最も大事なことですよね?
でも、その解釈は様々で、危険性を持っていることも事実です。

国益を守るため、国民が安全・安心に生活できるため…
これらを最優先し、世界情勢を見極めながら、的確な判断と行動をする…

佐藤参議院議員の熱い語りの中には、「日本」という国への想いが
こめられておりました。
参考にしつつ、今後も防衛について真剣に取り組んでいきたいと思います。

by fukura51 | 2008-04-28 08:53 | 政務調査
大福日記No.102  宅建協会今治支部総会
25日、愛媛県宅地建物取引業協会今治支部の総会が盛大に開催され、
出席させていただきました。
c0154895_8363193.jpg
c0154895_8404817.jpg
地域の皆様の住環境の向上と、宅建業者の社会的地位の向上を目指して、
日々努力されている気持ちが伝わってきました。

宅建協会今治支部の今後ますますのご発展をお祈り申しあげます。

by fukura51 | 2008-04-26 12:40 | つぶやき・日記
大福日記No.101  来島・小島・馬島送水管通水式
23日、来島・小島・馬島送水管通水式が今治市にて開催され、出席しました。
c0154895_11253379.jpg
来島・小島・馬島が位置する来島海峡は、瀬戸内海随一の急潮であり、
通常の海底送水管の布設が困難な難所のため、断念しておりました。
これまでは、給水船「水道丸」により各島々へ給水をしていたわけであります。

しかし、海底下の岩盤を弧状に掘削する、
「弧状推進工法」が開発されたことにより、
潮流の激しい所へも送水管の布設が可能になったのであります。
c0154895_11344099.jpg
つまり、船舶給水から海域部を管路で結び送水するという、
「一大転機」となったわけであります。

島に住んだことがない人はわかりませんよね~
今までは船で水を運んでもらっていたわけです。
運んでもらった水は、島のタンクに貯蔵し、給水していました。
素晴しい工法が開発されたおかげで、普通に水を享受できるようになりました。

この事業の完成によって、安定した供給水量の確保と水質の向上が
達成できる上に、長期的に見れば、水道事業経営の効率化が図れると
思われます。

でも少し寂しいのは…

これまで島のために毎日毎日水を届けてくれていた「水道丸」と船長…
言葉では言い表せないご苦労があったと思います。
歴代船長の表彰式が手厚く行われましたが、改めまして、
これまでのご労苦に心から敬意と感謝を申しあげます。
c0154895_1211982.jpg
「水道丸」は今治の貿易業者が買い取り、アジア近国に寄附されるようです。
彼女が(船は女性名詞であります)新たなステージで再び活躍することを
期待するところであります。

久々に、島にとって良かった、と思える事業の一つでありました。
今後もこんな事業が増えていくように微力ながら努力してまいります。

by fukura51 | 2008-04-25 20:25 | つぶやき・日記
大福日記No.100  大福日記100回記念
な、なんとこの「大福日記」が記念すべき
100回目を迎えました!

後援会若手の皆さんから尻をたたかれ、恐る恐る始めたブログでしたが、
皆様方のおかげをもちまして、ここまで続ける事ができました。

自分の想いをぶつけられる場所があるというのは良いですね~
また、間違ったことは書けないために、自分自身の勉強にもなります。

半分くらいはくだらないことを書いているような気もしますが…

でも、くだらないことや政治と関係ないことを書いた時のほうが
なぜかアクセス数は多いのであります。

まあ…楽しみながら政治や行政に問題意識を持ってくれれば、それでも
全く問題はないと思っています。

私が子供の頃は、政治や行政を非常に身近に感じていました。
身内に政治家がいたりしたこともあったのでしょうが、昨今では何だか
距離感を感じるようになってきています。

ブログで自分の想いをぶつけたり、活動報告をしたりすることで、
県民・市民との距離感を少しでも解消できれば幸いです。

最近は、政治家らしく真面目な話題が増え、自分ではなかなか良いと
思っていたのですが、あまり難しい話題はざっと流されたりして、
読んでくれなかったりするようであります。

かと思えば、
「この話題について書いてくれや」
「ブログで紹介してくれませんか?」などという声も時折聞くようになって
まいりました。

また、若い人達からは、
「道路特定財源の暫定税率って再可決するん?」
「後期高齢者医療制度はどこが問題なん?」 などと質問されたりして、
政治に全く興味の無かった若手が、問題意識を持ってくれはじめたことが
本当に嬉しいのであります。

疎遠になっていた友人や知人からも連絡が来たりするようになって、
「ずいぶん太ったのお」
「おまえが議員?何があったん?」
「たまには顔出せや」   
などと、久しぶりに話ができ、ありがたいと思っております。

これからも一生懸命、続けていこうと思います。
皆様のご要望になるべく沿えるよう、努力していくつもりでございますので、
今後とも宜しくお願いいたします。

by fukura51 | 2008-04-24 23:02 | つぶやき・日記
大福日記No.99  経済企業委員会
22日、経済企業委員会が開催され、出席しました。
昨年度、私は建設委員会でしたが、一年ごとに各委員会を回っていくようで、
第一希望の経済企業委員会に所属させてもらえました。
所管は公営企業管理局と経済労働部であります。

愛媛各地域の地場産業の取り組み状況や観光振興などに加え、
試験研究機関や病院の諸問題、工業用地や水の問題にいたるまで、
幅広く勉強したいと思ったのであります。

また、本年度は「しまなみ海道開通記念事業」も行われます。
道路特定財源が色々問題になっておりますが、しまなみ海道への想いは
これまで申しあげてきた通りであります。
立派な記念事業となるよう、微力ながら尽力したいと思います。

今回の議題は、「東予インダストリアルパークの分譲状況について」
ございました。

東予インダストリアルパークは、住友化学のアルミニウム精錬工場の
建設用地として、昭和45年に農林省から干拓地の払い下げを受け、
その前面を埋め立てて164haの工業用地を造成したものであります。

造船関連業の好景気にも助けられ、分譲が進んでいるようであり、
本当に喜ばしいことであると思います。

ただ、業者にとって用地を取得するには、多額の経費がかかる上に、
事業が軌道に乗るには数年間かかると思いますので、できる限りの
優遇措置および減免措置を考慮していただければと思います。

また用地取得を考える業者にとって使い勝手が色々とあると思いますので、
敷地内の道路などは柔軟に対応していただければ幸いでございます。

港湾の計画もあるのでしょうが、現状では予算厳しい折、難しいと思います。
しかし、造船関連業者にとって、港湾があると無いとでは大きく違います。
将来的に継続して検討していただければ幸いでございます。

この一年間、自分なりにしっかり勉強していきたいと思います。
今後共のご指導・ご鞭撻を宜しくお願いいたします。

by fukura51 | 2008-04-23 12:33 | 県政報告
大福日記No.98  授業料滞納
20日、任期満了に伴う西予市長選挙が告示され、現職である、
三好幹二氏が無投票で再選されました。
心からお喜びを申しあげますとともに、より一層のリーダーシップを発揮して
いただき、西予市と愛媛県のためにご尽力いただくことをご期待しております。

昨日の新聞に、県立高校の授業料・入学金の滞納が4億4000万近くに
達している、との報道がありました。

今月、千葉県と長崎県におきましては、入学金未納である生徒を
入学式に参加させない事態が出てくるなど、各地で問題になっております。

愛媛はどうなんだろう…
おそるおそる見てみますと、滞納者はゼロ、とのことです。
ホッとした一方で、ゼロの地域は愛媛を含めてわずか9府県と聞き、
非常に由々しき問題だな、と感じました。

授業料滞納は、親の経済的事情が最も大きな理由でありましょう。
リストラによる収入不安定や借金返済による困窮など、様々な要因により、
授業料が滞納する事態は過去にもあったでしょうし、そのつど教育現場や
教育行政が、何の罪もない生徒たちに救いの手を差し伸べてきたはずです。

「教育の機会均等」を生徒たちに保障することは最も大事なことであり、
よりよい教育条件の整備に全力をつくすことは当然のことであります。

でも悲しいのは…

支払い能力があるのにもかかわらず、授業料を納めない悪質な滞納者がいる、
ということであります。
わざと払わない、連絡も取れない…
給食費を払わない親の特集がニュース番組でやっているのを見ましたが、
「給食は嫌いな食べ物しか出ないから払わない」と言っている親を見て、
怒りを感じたのは私だけでしょうか?

「子供の授業料や給食費は、どんな苦労をしてでも納める」
そんな日本人の考え方は忘れられてしまったのでしょうか…
親のモラル低下が非常に懸念されるところであります。

ただし、滞納したからといって、一律に退学や停学の処分を下すのは
危険だと思います。
「金を払わないから来るな」と言うのは、財政的見地からすればそうですが、
教育的見地から見れば、あまりにも拙速な意見であり、不適切なように
思えます。

生徒の家庭を含めた全生活を受けとめ、人間的な結びつきと信頼を基礎として
指導援助にあたるのが本来の教育現場ではないでしょうか?

「金がないヤツは来るな」は、塾と同じであります。
学校が「教育の場」であることを放棄してしまうような気がしてなりません。


「親のモラル向上」「家庭のしつけ」に行き着くんでしょうね。
今の教育現場と教師の皆さんのご苦労は十分承知ですが、
短絡的な結論を出さずに、頑張っていただきたい…
心からご期待申しあげております。

by fukura51 | 2008-04-21 07:40 | つぶやき・日記
大福日記No.97  しまなみ海道への想い その2
今日の愛媛新聞に、しまなみ海道の通行料金無料化を求めて、
署名活動をしている方々の記事が載っておりました。

住民主体のこのような活動は、島においては過去に例がないようですが、
島しょ部では数週間前から、かなり話題になっておりました。
島の人たちも立ち上がり始めたな、と思ったのであります。

私は選挙に際して、一軒一軒を回りながら、島のために何ができるかを
島民の話を聞きながら考えました。

島の人たちは遠慮がちで奥ゆかしい?のであります。
でも心を開いてくれた人たちからは、こんな声が聞こえてきました。

「橋代が安うなったら、子や孫ともっと行き来ができるんじゃがのう…」
「病院に行くんに金がかかりすぎるんよ」
「仕事で今治行くてて、コストが合わんわい」


私を最も支持してくれた島の人たちの声を何とか届けなければ…

そんな想いで、昨年の「建設委員会」ではどんなに思われようとも
「しまなみ海道の通行料金値引き」を何度も訴え続けました。
初の一般質問でもバカの一つ覚えのように最も時間を割き、
質問させていただきました。

私はまだ一期生、ペーペーであります。
いろんな問題があり、全てに問題意識を持つべきだとは思いますが、
実際は全てに対応するのは難しいだろうし、自分で思いますが、
私にはそんな実力もまだ備わっていません。

でもたった一つに絞り込めば耳を傾けてくれるんじゃないか?
たった一つでいいから島に恩返しするべきじゃないか?


そんなことを考えておりました。
もちろん他の問題はほったらかし、というのではありません。
ただ、新人議員にできることは限られてるんじゃないか、と思うんです。

記事の中に、代表の方の言葉が載っていました。
「何かやらないと
     何も変わらないと思った…」


その通りであります。

改めて勇気をいただいたような気がします。
これまで通り、微力ながら尽力していくことをお誓い申しあげます。

by fukura51 | 2008-04-20 13:45 | しまなみ海道への想い
大福日記No.96  第19回「フォーラム21」
19日、「フォーラム21」が松山市で開催され、出席しました。
「フォーラム21」は元官房長官、塩崎恭久代議士が主催しており、
今回で19回目を数えます。

今回はメディアでもお馴染みの参議院議員、世耕弘成(せこうひろしげ)氏を
お招きしての講演および塩崎代議士とのディスカッションでございました。
c0154895_12151685.jpg
旬の話題である、道路特定財源や後期高齢者医療制度についてはもちろん、
公務員改革、行政改革などの重要性について熱く語っていただき、
大変勉強になりました。
c0154895_12214619.jpg
非常に噛み砕いてわかりやすく話してくれているな、ということが感じられ、
内容以外の面でも参考になる部分が多々ありました。

また、安倍内閣の時のウラ話などもお聞きすることができ、
非常に有意義な時間を過ごすことができました。

塩崎恭久代議士のより一層のご隆盛をお祈り申しあげますとともに、
早稲田大学の先輩でもある世耕弘成参議院議員の今後ますますのご活躍を
心からご期待申しあげます。

by fukura51 | 2008-04-19 23:15 | 政務調査
大福日記No.95  愛媛県社会人スポーツ推進協議会
17日、愛媛県社会人スポーツ推進協議会が松山市で開催され、
出席させていただきました。


c0154895_1122508.jpg平成29年に予定されている「愛媛国体」に向けて、より一層の競技力の育成および強化を図るべく、260を超える企業や団体のご理解を得ながら、本会も発足から7年目を迎えたとのことです。

今年度の採用内定者には、教育現場などの指導者が多く含まれているとのことですが、アスリート達の競技力向上の影には、必ず優秀な指導者がいる、ということを考えれば、これも当然のことと言えるでしょう。


色々と問題が起こっておりますが、本年は北京オリンピックが開催されます。

本県の出身選手を見てみますと、マラソンの土佐礼子選手が文句なしに
出場確定したのに加え、ボートの武田大作選手もなんと4大会連続の出場を
勝ち取りました。また、レスリングの松本慎吾選手も2大会連続出場を決め、
本当に喜ばしい限りであります。

このほか、柔道の棟田康幸選手、ビーチバレーの佐伯美香・楠原千秋組、
槍投げの村上幸史選手が有力候補として挙がっており、代表を勝ち取ることを
心から応援しているところでございます。

この会の中で、サントリーラグビー部を数回日本一に導いた、元監督の
山本巌氏の講演がありました。
山本氏は現在、松山大学のラグビー部監督であります。

選手と指導者との信頼関係、技術だけではなく精神向上の重要性、
機を捉えて逃さぬ執念についてなど、山本氏の実体験に即したお話を
聞かせていただき、指導者・コーチの重要性を再認識いたしました。

本県出身選手のご健闘を心からお祈り申しあげますとともに、
愛媛国体に向けて微力ながら尽力していきたいと思います。

by fukura51 | 2008-04-18 20:22 | つぶやき・日記