夢ふくらまそう!  愛媛県議会議員 ふくら浩一の活動報告  ~大福日記~

大福日記No.234  臨時議会
5月26日に県議会臨時議会が開催されました。

人事委員会から、民間における一時金減額の動向を踏まえて、公民の均衡を
図るため、「平成21年6月に支給する期末手当及び勤勉手当に関する
特例措置について」の勧告が提出されたのに伴い、暫定的な特例措置を
講ずるための関係条例一部改正の提案がなされました。

わかりやすく言うと、
「知事なども含めた県職員と県議の夏のボーナスをとりあえず今回に限って
カットしませんか?」ということを国が言ってきたので、民間会社も厳しいから
それに合わせて一部カットしようと思うんだけど、審議してもらえますか?
ということであります。

色んな立場、色んな状況等を深く考えていくと、なかなか難しい問題かも
知れません。
しかし、県民と愛媛県にとって何が重要かという事を考えれば、
「カットはやむなし」でありましょう。

私たち県議会議員は、有権者と直接話をすることが多いわけですが、
「不景気でボーナス減らされたわい」
「もう何期もボーナスなんか出たことないで」
というような声を間近で聞いております。
そんな声を無視するわけにはいきません。

ただし、これまで独自に愛媛は県職員と県議の毎月給料カットをしてきました。
その上でのボーナスカットでありますから、私たち県議はともかく、県職員は
少しかわいそうではあります。

しかし、県民のために働いているという前提に立てば、やはり「やむなし」で
ありましょう。

この状況を脱するためには何としても「景気対策」であります。
この臨時議会では、52億円の緊急雇用対策が打ち出されました。

景気が少しでも上向くように微力ながら尽力していこうと思います。

by fukura51 | 2009-05-29 12:18 | 県政報告
<< 大福日記No.235  玉春日... 大福日記No.233  四国四... >>