夢ふくらまそう!  愛媛県議会議員 ふくら浩一の活動報告  ~大福日記~

大福日記No.256  1.2.3の会
12日、松山市で「1.2.3(ワンツースリー)の会」が開催されました。
「1.2.3(ワンツースリー)の会」とは、自民党県議の1期2期3期生の会で、
今回は参議院議員の山本順三先生をお迎え致しました。

若手が多いために、なかなか勢いのある会であります。
その若手の中でも私は2番目に若く、会の中のこまごまとした雑用を
こなしたりしなければならず、結構大変なのであります。

県連会長でもある山本参議院議員から党情報告があり、
自民党県連の結束を固めてほしいとのお達しがありました。

忙しい中、頭ごなしではなく、我々県議団のところまで「降りて」きてくれて、
会の最後までいてくれた山本先生の姿勢に、参加した県議団は一様に
嬉しそうでありました。

しかし…
今の自民党執行部のゴタゴタは、我々自民党所属の地方議員でさえも
苦々しく感じております。

今更「頭をすげ替える」だけの総裁選をしても国民に見透かされるだけであり
麻生総理で一致団結することが何より重要であります。

これまでやってきたことの検証と総括をして、これからのマニフェストを示し、
国民の審判をあおいでほしいと思います。

良きも悪きも背負う姿勢が必要だと感じているのは私だけでしょうか…

国民の目線にあった政策、そして「光の当たらないところに光を当てる」政策が
求められています。

自民党国会議員の皆さまの「姿勢」に注目していきたいと思います。

by fukura51 | 2009-07-14 22:51 | つぶやき・日記
<< 大福日記No.257  今治小... 大福日記No.255  北方領... >>