夢ふくらまそう!  愛媛県議会議員 ふくら浩一の活動報告  ~大福日記~

大福日記No.265  総務企画委員会
4日、県庁にて総務企画委員会が開催され、出席しました。

総務企画委員会では、「県内のブロードバンド整備について」を議題として、
各委員とも色々な視点から議論がなされました。

今回私は2011年には完全移行する「地デジ」について質問しました。
ある中山間地域の県民からこんな意見を聞いていたのです。

・現在「自主共聴施設」で電波を受信しているが、「地デジ」以降に伴って
 施設も地デジ対応にやり替えをしなければならない。
・やり替えにはコストが当然かかるが、国の補助申請のやり方や内容が
 わかりにくい。
・高齢過疎化している地域であるため、「自主共聴施設」にした場合、
 今後自分たちで管理していけるかどうかが不安だ。
・「ケーブルテレビ」なら、管理費を払えば運営会社が管理をしてくれて楽だが、
 国は「ケーブルテレビ」への補助はしておらず、コストがあまりにも高い。

都市部は比較的スムーズに地デジ対応が進んでいる感がありますが、
中山間地域や一部の島しょ部では深刻な問題を抱えている地域があります。

これらの地域で生活している人々に、最良の対応策を示していくことは
我々の義務でありましょう。

これらの地域への「説明会」の開催やサポート体制を、国やNHKなどと
連携しながら県もやっていく、とのご回答をいただきました。
今回お願いした地域への対応も迅速にしていただき、感謝しております。

中山間地域や島しょ部ではテレビが重要な情報源であります。
テレビが見れなければ情報が遮断されかねない事態となります。

光の当たりにくい所に光を当てていくような施策を期待したいですね。

by fukura51 | 2009-08-06 21:20 | 県政報告
<< 大福日記No.266  政党マ... 大福日記No.264  裁判員制度 >>