夢ふくらまそう!  愛媛県議会議員 ふくら浩一の活動報告  ~大福日記~

大福日記No.276  東日本大震災その2
原発が心配です。

一刻も早い対処を願っております。

愛媛県の今後の被災地への支援内容をお伝えしておきます。

○人的支援
医療救護班の派遣 県医師会(保健福祉部) 被災地へ
(詳細未定)
災害ボランティア 県社会福祉協議会 被災地へ
(詳細未定)
県職員の派遣 県関係部局 被災地へ
(詳細未定)

下記の職員を要請があり次第、派遣予定
 
○県民環境部関係
  県原子力センターの職員2名、その他事務職員1名、運転手1名
 ※モニタリング車にて派遣
 日本医師会災害対策本部からの要望を受けた県医師会による医療救護班の
 派遣を今後支援
3月15日 県医師会は検視医募集を停止(日医本部からの連絡)
     県医師会は救護班の派遣準備
3月15日 福島県から各都道府県に医療救護班の派遣要請
     厚生労働省から各都道府県に派遣要請するため準備中
     今後、厚生労働省から派遣要請を受けて、県医師会や医療機関に
     対し、医療救護班の派遣を要請する予定
 
○保健福祉部関係
  【厚生労働省要請】
   保健師2人、事務職1人、運転手1人
  3月15日 医師、診療放射線技師の福島県への派遣要請有
       宮城県、福島県から「スクリーニングチーム」の派遣要請有
  【全国知事会要請】
   保健師2人(再掲)、心理判定員1人、獣医師1人
 県社会福祉協議会において、被災地で立ち上げられた「災害ボランティア
 センター」の情報を発信するなど、ボランティアによる支援活動を推進
  
 3/15 全国社会福祉協議会が、ブロック代表の各都道府県社会福祉協議会
    (四国は高知県)を集めて、今後の派遣体制を協議
 3/16以降 愛媛県社会福祉協議会は、15日協議の状況を踏まえて、ボラン
      ティアコーディネーターを派遣予定

○土木部関係
【全国知事会要請】
   土木職13名(被災宅地危険度判定士含む)営繕1名派遣待機
【国土交通省要請】
  被災宅地危険度判定士(土木職)12名(全国知事会と重複)
   下水道関係技術者(土木職)8名(5市)派遣待機
 被災者の救出・救護、避難誘導等
 遺体の検視及び遺族対策
 約170人が派遣に備えて待機中

○公営企業関係
  5名程度の看護師を10週間交替派遣予定
  約15人が派遣に備えて待機中

○教育委員会
  養護教諭 30名まで派遣可能


 広域緊急援助隊(警備部隊)
 管区機動隊の出動 県警察本部 宮城県へ 
 3月16日(出発予定)
 広域緊急援助隊(刑事部隊)の出動 県警察本部 宮城県へ
 3月16日(出発予定)
 第二機動隊の待機 県警察本部
 女性警察官部隊の待機 県警察本部

○物的支援
見舞金 保健福祉部 被災県へ
 被災県の被害の甚大さに鑑み、宮城県、岩手県、福島県に対し、
 見舞金を支出予定
 その他の被災都県については、今後検討

農林水産物の提供 農林水産部 関係団体被災地へ
 JAグループ愛媛が飲むゼリー(24個入り150ケース)、はれひめジュース
 (1L×6本 50ケース)、いよかん(10㎏ 50ケース)、清見タンゴール
 (10㎏ 1,000ケース)などを送付する方向で調整中

木炭・煉炭の提供 林業関係団体 被災地へ
 愛媛県森林林組合連合会等に支援を依頼

公営住宅等の空家の提供 土木部 被災地へ
【国土交通省調査回答】
県営住宅:15戸 市町:106戸 計:121戸
 即入居可能86戸、2週間程度必要23戸
 (条件)
   ①入居手続:行政財産の目的外使用許可
   ②家賃・敷金:免除
   ③使用期間:6ヶ月

by fukura51 | 2011-03-17 23:30 | 政治活動
<< 大福日記No.277  新たな出発 大福日記No.275  東日本大震災 >>