夢ふくらまそう!  愛媛県議会議員 ふくら浩一の活動報告  ~大福日記~

大福日記No.285  経済企業委員会県内視察 その1
私は、本年度、経済企業委員会に所属することとなり、、僭越ながら
副委員長を仰せつかることとなりました。
しっかり努めていきたいと思います。

6月2日~3日に総務企画委員会と合同で県内視察を行いました。
まず最初に行ったのは萬翠荘(ばんすいそう)であります。

c0154895_116779.jpg




萬翠荘の中







萬翠荘は、大正11年に建築されたフランス様式の建物で県指定有形文化財に
指定されており、今後、萬翠荘の価値をさらに高めるため、重要文化財指定を
目指すこととしております。

c0154895_1111353.jpg





窓から見た
景色






貴重な建物です。
なんと音楽のライブや宴会にも使えるとのことですので一度使って
みてはどうでしょう。使用料も安いようです。

館内の案内嬢もすごく感じがいい方たちでした。

c0154895_11144178.jpg




大正ロマンを
感じます







少し使用料が安すぎるので運営が苦しいとのことです。
素晴らしい文化財なので皆さん是非訪れて見てください。

萬翠荘を後にして、次に新居浜の「広瀬歴史記念館」にお伺いしました。

c0154895_11262317.jpg




広瀬宰平の
銅像







いま記念館になっている「旧広瀬邸」は、広瀬宰平(さいへい)の家であり、
彼は幕末・明治の動乱期に政府による接収や住友の経営難による売却から
別子銅山を守り、その開発の近代化を推進しました。

この旧広瀬邸は、平成15年に「別子銅山を支えた実業家の先駆的な
近代和風住宅」として国の重要文化財に指定されております。

c0154895_11342123.jpg




素晴らしい
庭です







西園寺公望などもこの家を訪れたようですね。
当時としては珍しいガラスも多量に使われておりました。

広瀬宰平の足跡を通して新居浜と別子銅山の生い立ちと日本の近代産業の
歩みを辿ることができます。
愛媛の貴重な文化財をしっかり残していかねばなりませんね。

また明日以降に続きます。

by fukura51 | 2011-06-04 21:16 | 政務調査
<< 大福日記No.286  経済企... 大福日記No.284  タオル... >>