夢ふくらまそう!  愛媛県議会議員 ふくら浩一の活動報告  ~大福日記~

大福日記No.313  日韓合唱交流事業 その5
日韓合唱交流事業の最終章です。

合唱を終えた後、交流レセプションを行いました。

質素ながらも、真心を尽くし、私たち合唱団の事を一生懸命に

もてなそうと考えてくれているのがわかりました。

c0154895_16594576.jpg
少し変な「'」?が入ってますが、ご愛嬌でしょう。

挨拶をされているのは、ハヌルクム教会の牧師長さん。

大変立派な方で人格者です。本当に今回の交流実現に協力していただき、

心から感謝を申しあげます。8月には今治にも来てくれるそうです!


合唱団からもご挨拶を申しあげた後、プレゼント交換を行いました。

c0154895_178406.jpg
今治少年少女合唱団からは、誉れ高き「今治タオル」を贈呈しました。

当然ですよね。

ハヌルクムジュニアコーラルの団員全員にいきわたるようにミニハンカチを、

そして役員の方々には最高級バスタオルを贈呈。喜んでくれました。

「今治」の名も少しは売れたんじゃないかな、と思います。


レセプションが進んでいくにつれ、子供たちは仲良くなっていきました。

初対面かつ、言葉も通じないのに…

心が通じ合ったんでしょうね。

本当の意味での交流ができたと感じました。

c0154895_17165315.jpg
最後に、8月の今治での再会を約束して、お別れとなりました。

ほんの数時間の交流なのに、別れを惜しみ、泣いている子もいました。

今回、本当の意味での国際交流ができたと思います。

お世話をさせていただきながら、すごい勉強をさせていただいたと

感謝してます。


8月の今治での交流を、素晴らしいものにするために、頑張っていきたいと

思います。どうか皆様にもご協力賜れば幸いです。


今回、頑張った合唱団員の皆さん、そして親御さんたち、関係者一同、

なにより交流先のハヌルクムジュニアコーラル一同、そしてお世話になった

全ての皆様に心から感謝を申しあげます。 

誠にありがとうございました。

by fukura51 | 2012-04-22 20:04 | 日韓合唱交流事業
<< 大福日記No.314  「さざ... 大福日記No.312  日韓合... >>