夢ふくらまそう!  愛媛県議会議員 ふくら浩一の活動報告  ~大福日記~

大福日記No.31  パイレーツ・オブ・ムラカミ その1
少し出張などがあり、お休みしましたが、またブログ更新再開であります。
皆さんは年明けからどれくらいお休みできましたか?
私は新年から、新年会やらあいさつ回りやら地元の世話やら
何かと忙しい毎日でした。重ね重ね、本年も宜しくお願いいたします。

今日の愛媛新聞に載っておりましたが、宮窪町の村上水軍博物館で
「村上家に伝わる道具と衣服」なる企画展が開かれているとの事です。
興味のある方は是非行ってみてください。

村上水軍といえば、我がご先祖様であります。
単に「海賊」としか思っていない方々も多いと思います。
あまりご存じない方々のために、この機会にご説明しましょう。

瀬戸内の水軍村上一族は、伊予の守護職河野家の庇護を受けており、
南北朝時代に活躍した村上義弘は、
「海賊方の棟梁にして河野十八家大将の随一」といわれ、
河野氏の常備水軍的な側面をもっていました。

簡単に言えば一応、河野家のナンバーワン武将だったんですね。
しかし、必ずしも全面的に河野氏に属した水軍という単純な存在ではなく、
独自のルールに則って行動していたようであります。

瀬戸内を舞台として村上水軍三家、いわゆる能島・来島・因島水軍は、
官物や官人の輸送警固、難路支援、曳船活動など、多岐にわたった
活動をしており、これらは領主の管理を離れた自主的なものであって、
領地支配に属さない全く独自な行動規範を築き上げておりました。

戦闘行為以外の彼らのこういった活動は、水軍というよりも俗に言う
「海賊衆」としてのものでした。
芸予難海路をおさえて、その交通支援組織として活動した村上三家は
河野氏の水軍という性格と、海域支配集団としての海賊衆という二面性を
もっていたのです。

通行船から「帆別銭」(通行料)をとり、海上での水先案内人を務め、
村上水軍の「のぼり」を渡して海上安全も保障しました。
つまり略奪・強盗をはたらく「ならず者」、いわゆる本当の「海賊」たちを
取り締まっていたのであって、彼ら村上水軍がいたからこそ安心して
官人・商人は航海ができたのであります。

彼ら水軍が軍船を建造し、兵を養う財源はこの通行税でありました。
この通行税を徴収していたことを略奪というならば、陸上の大名たちが
年貢を取っていたことも略奪ということになるでしょう。

村上水軍は次第に組織化され、あるいは武士団として幾多の合戦にも
参加して歴史を動かす原動力となっていきます。

まだ続きますが、長すぎるのでまた明日以降にお話しましょう。

by fukura51 | 2008-01-14 22:50 | 村上水軍を語る
<< 大福日記No.37  改めるべ... 大福日記No.35  本当に同級生? >>