夢ふくらまそう!  愛媛県議会議員 ふくら浩一の活動報告  ~大福日記~

大福日記No.48  道路特定財源の攻防 番外編
道路特定財源問題に絡み、民主党のあるエライ方が、
あるテレビ番組でこう発言したようです。

「道路特定財源は、自民党の道路族議員や国土交通省にとって
巨大利権ですからね。
古賀さんとか二階さんとか、顔を見るからに、この利権だけは放さない
という決意が表れている」
自民党の古賀選対委員長と二階総務会長に対して、マスコミが言うところの
「利権顔」と批判しました。

これに黙っていなかった二階氏は1日の記者会見で、
「明らかに名誉棄損だ。法的措置も考える」 と指摘しました。
さらに自民党は、
「党を代表する顔に泥を塗られた」 として対応を引き取り、
民主党のエライ方に謝罪と訂正を求めた、とのことです。

顔を批判するのではなく、キチンと政策論争をやっていただきたいと思うのは
私だけではないでしょう。
つなぎ法案は取りやめたのですから、時間は限られております。
建設的で地方を大切にした議論を期待したいと思います。

しかし、顔だけで判断されることもあるのかな?なんて考えてしまい、
でも顔は関係ないだろう…顔まで批判されたらたまらんな~とも思いつつ、
思わず鏡に向かって自分の顔を見つめてしまいました。

鏡に向かい、マンダムのポーズをとりながら、
う~ん…「利権」のニオイはしない…よなあ…などと自分に言い聞かせ、
でも男は人生が顔に表れるんだよなあ…気をつけよう…
と思った次第であります。

誤解なきように…
古賀先生・二階先生ともに実力のある大先生であります。
この苦しい政治の世界を長年生き抜いてきたお顔をされていらっしゃいます。
これ以上は変な取られ方をされては困るので、差し控えたいと思います…

道路特定財源の問題が年度内にキッチリと結論が出るよう、
ご期待申しあげております。

by fukura51 | 2008-02-02 21:40 | 道路特定財源の攻防
<< 大福日記No.49  厄除け祈願 大福日記No.47  道路特定... >>