夢ふくらまそう!  愛媛県議会議員 ふくら浩一の活動報告  ~大福日記~

大福日記No.60  世界最高峰のイージス艦
非常に悲しい事故でありますが、海上自衛隊のイージス艦「あたご」と
漁船「清徳丸」とが衝突し、千葉県勝浦市の吉清治夫さんと長男の
哲大さんが行方不明になっているとのことであります。

第3管区海上保安本部と海上自衛隊などの必死の捜索が行われており、
何とか発見されることを心からお祈り申し上げております。

しかし、残念なのは衝突の際にイージス艦「あたご」の回避行動が
なかったことと、石破防衛相への第一報が遅れたことであります。

「あたご」には衝突を回避する機会が何度かあったのにもかかわらず、
衝突1分前まで自動操舵で航行していたとのことです。
当直士官・操舵員・レーダー員など8人、見張り員が左右に1人ずつ
配置されていたのに誰も気づかなかったのでしょうか?

また、事故発生から石破防衛相に連絡がいったのは、一時間半以上も
経ってから、福田首相には二時間後であります。
どうやったらそんなに時間がかかるのか、理解に苦しむところであります。

もっとも危機管理が重要視されるところにあって、この事態…

世界最高峰といわれるイージス艦ですが、
これを扱う「組織」と「人」が世界最高峰になる事こそが重要ではないか?
と思うのは私だけでしょうか?

徹底的な内容解明・再発防止に全力をあげて取り組むとともに、
行方不明の吉清さんとご長男を全身全霊を傾けて発見するように
努力していただくことをご期待申し上げております。

by fukura51 | 2008-02-22 23:41 | つぶやき・日記
<< 大福日記No.61  「疑惑の銃弾」 大福日記No.59  耐え難き... >>