夢ふくらまそう!  愛媛県議会議員 ふくら浩一の活動報告  ~大福日記~

大福日記No.105  道路特定財源の攻防 その5
30日、衆議院本会議において、税制改正関連法、すなわち、
「ガソリン税の暫定税率復活」について、3分の2以上の賛成多数で再可決し、
成立いたしました。

「下げたり上げたり、何しよるんぞ」
「どうせやったら最初から3分の2で決めりゃ良かったんよ」
「一回下げたもんを上げると反発は大きいぞい」   などと、

否定的な町の声が私のところにも多々届けられます。

ガソリンの高騰は、国民の家計だけでなく、事業を営んでいる方々にとって、
大変な問題であります。
「ガソリンを安くしてほしい…」 私もそう思っています。

しかし、ガソリンを安くするということは、安くするための財源がいるわけで、
将来のために使う財源を減らしている、ということであります。

ガソリンを安くするのと引き換えに、将来の希望を減らす…
そんな気がしてなりません。

地方自治体の財源不足は明確であり、住民への行政サービスが
低下する可能性が高いということは、これまでもお伝えしてきました。

政治は、国・地方自治体および国民生活の将来像を示さねばなりません。
将来像が国民に見えていないから、不信感がつのるのでしょう。

暫定税率を維持するだけでは単なる現状維持…
ガソリンを安くするだけでは、地方財政がますます悪化…
国民は将来に希望が持てません。

もはや地方は、鼻血も出ないほど困窮を極めつつあります。
国レベルで、行政・政治ともに自らの血を流さなければならない時期に
きているような気がします。


地方に痛みを押しつけ、国はカラオケセットを購入しているのでは、
国民の支持が得られないのは当然であります。

将来像をしっかりと示せるように、具体的な政策を打ち出すこと…
与党・野党ともに、いま求められているのだと思います。

by fukura51 | 2008-05-01 12:37 | 道路特定財源の攻防
<< 大福日記No.106  海事都... 大福日記No.104  地元の... >>