夢ふくらまそう!  愛媛県議会議員 ふくら浩一の活動報告  ~大福日記~

大福日記No.108  海事都市神戸 視察 その3
またまた神戸視察の続きであります。
本日は、震災メモリアルパークについてご報告します。

1995年、阪神・淡路大震災の日の朝、神戸港は国際貿易港としての
役割を完全に喪失してしまうほどの被害を受けました。 
東西20kmにわたる神戸港において、約116kmに及ぶ水際線の大部分が
被災したわけであります。
c0154895_1084317.jpg
当時の状態をそのまま保存し、被災の状況や復旧の過程、復興計画などを
写真パネルや年表、模型や映像などで紹介しておりました。
c0154895_10133178.jpg

神戸港の機能喪失に伴う日本、いや世界経済へ与える影響は相当なもので
ございました。
この日から概ね2年間で崩壊した港湾機能を取り戻すべく、必死の復興作業が
繰り広げられたわけであります。

震災で得た教訓をしっかりと後世に伝えていくのは重要なことであります。
改めて地震の恐ろしさ、被災時の対応の重要性などを感じました。
何が起こり、どう対応するか…
大震災から学ぶべきことは、他人事ではなく、多々あります。

c0154895_10303129.jpg
神戸市民の自慢の港…

そんな気持ちが伝わってきました。
復興にご尽力された関係各位の方々に心から敬意を表します。

by fukura51 | 2008-05-07 10:43 | 政務調査
<< 大福日記No.109  海事都... 大福日記No.107  海事都... >>