夢ふくらまそう!  愛媛県議会議員 ふくら浩一の活動報告  ~大福日記~

大福日記No.114  愛媛の酒を育む会
20日、松山にて「愛媛の酒を育む会」が盛大に開催され、出席しました。

c0154895_1071110.jpg酒類業界の現状を聞きますと、アルコール全体の消費数量は
ここ10年ほぼ横ばいであるのに対し、清酒は全国的に消費数量が減っており、最大時の約40%ほどになっているとのことであります。

愛媛も例外でなく、同じ割合で減少しており、とりわけ地酒の割合が最大61%から37%まで低下しているのに併せて、清酒製造業者数が平成元年には72社ありましたが、20年では50社まで減ってきています。


日本酒党の私にとって、由々しき事態との認識を持ち、
愛媛の酒を救うべく、万難を排し駆けつけたのであります。

おいしい日本酒と日本酒に合う料理をいただきながら、酒造組合の皆さんの
真摯な取り組みをお聞きしました。

酒造組合では、
・統一銘柄「媛の愛」の開発、販売
・愛媛FCとの提携商品、吟醸酒「え」の開発、販売
・優良吟醸酵母「EK-1」の開発
・愛媛県初の酒造専用米「しずく媛」の開発
・アンテナショップ 「蔵元屋」 の出店
  など、愛媛の酒を育むべく、
様々な取り組みがなされていることが良くわかりました。

c0154895_10133439.jpgしかし、何よりもおいしい日本酒が勢ぞろいでございました。

飲み口はまるでワインのようにすっきりと入り、のど越しはまろやかで、飲んだ後、ふわっと良い香りが漂うのであります。

料理も日本酒に合うようにつくられており、本当においしゅうございました。

写真は少々ピンボケで申し訳ありませんが、我が地元今治の「山丹正宗」(やまたんまさむね)であります。

こんなすばらしいお酒をすたれさせてはいけないと改めて感じ、微力ながら、
愛媛の酒造業界の発展に今後も取り組んでいく所存でございます。

お断りを申し上げておきますが…
私は愛媛のお酒の発展のために参加させていただいたのであり、決して
お酒が飲みたいから参加したのではありません…
誰ですか?「絶対ウソや~」なんて言ってるのは?

でもおいしかったな~
皆さんもぜひ愛媛のお酒をたしなんでみてください。

by fukura51 | 2008-05-20 23:01 | 政務調査
<< 大福日記No.115  自民党... 大福日記No.113  パン工... >>