夢ふくらまそう!  愛媛県議会議員 ふくら浩一の活動報告  ~大福日記~

大福日記No.137  水軍レースの季節がやってきました!
先祖が海賊、いや、村上水軍である私たち「福羅一族」にとって、
唯一?の能力を発揮できる「水軍レース大会」の季節がやってまいりました。

水軍レース大会は、毎年7月に宮窪町能島沖で開催される、全国規模の
今治市が誇るイベントであります。

小早船(こはやせん)に12人が乗り込み、200mを櫓(ろ)で漕ぐもので、
全国各地から約70チームが参加し、タイムと順位を競い合うのであります。

なんと昨年度は、我らが青年部「大福会」と親族一同の「鵜島奉行隊」
(うしまぶぎょうたい)の両チーム共が決勝戦に勝ち残るという快挙を
成し遂げました。


c0154895_83837.jpg

昨年の決勝戦の様子

右から2番目が大福会
右から3番目が鵜島奉行隊





c0154895_852317.jpg





レースの様子






このレースにおいて、「鵜島奉行隊」は見事に優勝を果たしました。
2度目の優勝であります。

c0154895_982639.jpg
「鵜島奉行隊」は毎年優勝候補筆頭に挙げられ、2度の優勝、3度の準優勝を
はじめ、準決勝には必ず名を連ねる強豪チームとして知られ、
もはや、水軍レースの「PL学園」とでも言うべき存在であります。

「海賊のDNA」とでもいうのでしょうか…
堂々たる、落ち着き払った王者の風格…
今年もやってくれると信じております。

かたや、福羅浩一の青年部「大福会」は昨年初出場でありました。
完走できればいいぞ、な~んて言ってたら…
あれよあれよという間に決勝戦まで進んでしまいました。


c0154895_9122331.jpg



健闘を称えあう大福会と鵜島奉行隊






決勝では残念ながら勝つことは出来ませんでしたが、それでも70チーム中、
初出場で5位という快挙を成し遂げました。

選挙での結束力、負けず嫌いな選手たち、私フクラの指導力?…
いろんな要因が考えられましたが、最終的にたどり着いたのは、
「ツキ」だけだろう…ということになりました。

本年度は驕ることなく、一回戦突破を目指して頑張ってほしいと思います。
彼らならやってくれると信じております。
c0154895_921339.jpg
素晴らしい仲間に囲まれながら、水軍の伝統文化に触れつつ、
交流を深めていく…
いいことですよね?

楽しみながら地元を盛り上げていきたいと心から思っています。

本年度は7月27日(日)に開催されます。
興味のある方は是非お越しください。

by fukura51 | 2008-06-17 08:30 | 後援会活動
<< 大福日記No.138  地球温... 大福日記No.136  愛媛拉... >>