夢ふくらまそう!  愛媛県議会議員 ふくら浩一の活動報告  ~大福日記~

大福日記No.145  武田大作選手 激励会
26日、ボート(軽量級ダブルスカル)の武田大作選手の
北京オリンピック出場決定にともない、激励会が松山市で開催されました。

c0154895_851196.jpg
武田選手が所属しております、ダイキ㈱の大亀孝裕会長の主催でありました。
c0154895_1214752.jpg
加戸知事をはじめ、清家県議会議長や中村松山市長など、大勢の方々が
激励に駆けつけておりました。
c0154895_121825.jpg
和やかに懇談をしながら、交流を深め、「北京の空に日の丸を」を合言葉に、
今度こそメダルを、と意気込んだのであります。

武田大作選手は、1973年生まれ、伊予市の出身であります。
1996年のアトランタ五輪以来、4大会連続出場という快挙を成し遂げました。

彼が出場する「軽量級ダブルスカル」というのは、ペアで漕ぐボート競技で、
「スカル」とは両手に2本のオールで漕ぐものであります。

「軽量級」ということは当然体重制限があり、1人の体重の最大が72.5Kg、
2人の合計が140Kg以下でなければなりません。

武田選手は現在においても、な、なんと体脂肪率4~7%!を維持している、
との紹介がありました。
少しは見習いたいものであります…

その後、激励の言葉や激励金の贈呈、武田選手が使っていた物の
オークションなどが次々と行われ、気持ちが一つになっていきました。

それから、武田選手の決意表明がありました。
c0154895_1233538.jpg
彼なりの言葉で、オリンピックに対する想いや意気込み、そして何よりも
「メダルにこだわりたい」気持ちが伝わってきました。

最後は、必ずや「北京の空に日の丸」が掲げられることを信じて、
万歳三唱で締めくくり、会場を後にしました。

愛媛県人が心から期待しています。

プレッシャーを跳ね除け、全力でプレーされること、そして自分自身が心底
納得できる内容を残されることを衷心よりお祈り申し上げております。


武田大作選手 北京五輪出場応援ホームページ
by fukura51 | 2008-06-27 08:06 | つぶやき・日記
<< 大福日記No.146  6月県... 大福日記No.144  今治・... >>